ユーロ2016、ブックメーカーオッズ特集! 〜wowow、試合日程、展望〜

ユーロ2016展望! 〜グループE〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最大の激戦区と言われているのが、

 

 

 

 

 ・現在FIFAランキング1位の、ベルギー
 ・実績ナンバーワンの、イタリア
 ・イブラヒモビッチ要する、スウェーデン
 ・ハードワークが魅力の、アイルランド

 

 

 

 

 が、集ったグループEだ。

 

 

 

 ビッククラブで活躍するアザール、フェライニ、コンパニなど、
 一線級のタレントを持つベルギーだが、課題は、
 ビルモッツ監督の経験の薄さ。

 

 

 

 80年代から90年代初頭にかけて、強豪だった時期は、
 「80年欧州選手権準優勝」、「86ワールドカップ4位」 など、
 輝かしい成績を残した。

 

 

 

 今大会が期待外れに終わるようだと、今後に悪影響を、
 残すかもしれず、目立った成績を残したいところだ。

 

 

 

 伝統国イタリアは、攻撃陣の迫力不足が、
 致命的とも言えるレベルにある。

 

 

 

 バッジオやデルピエロなど、絶対的な、
 得点力を持つ人材は、もういない。

 

 

 

 GKブッフォンを中心に、「カテナチオ」 と呼ばれる、
 堅守は健在だが、それだけでは、勝ち上がるには難しい。

 

 

 

 若手攻撃陣のヒーローが、出ることに期待したい。

 

 

 

 対するスウェーデンは、絶対的エースイブラヒモビッチが、
 健在なことと、U-21代表が、欧州制覇を成し遂げるなど、
 若手の成長も、著しい。

 

 

 

 初戦のアイルランド戦に快勝し、勢いに乗ればス、
 ウェーデンの首位通過も、あり得るだろう。

 

 

 

 4チームの中で、最も下に見られがちな、
 アイルランドだが、伝統のハードワークと堅守は、侮れない。

 

 

 

 守りに守って、セットプレー1発で、
 番狂わせを起こす可能性は、十分にある。

 

 

 

 予選最終日までもつれること、間違いなしの、グループEに大注目だ。

 

 

 

 

 

 

『ユーロ2016、オッズ特集!』へ