ユーロ2016展望! 〜試合日程、展望、wowow〜

ユーロ2016展望! 〜注目国〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1960年から始まった欧州選手権、通称、「ユーロ(EURO)」 が、
 ワールドカップより内容が濃いと言われ始めたのは、1990年代初頭のこと。

 

 

 ちょうど1990イタリアワールドカップが、守備的な試合に終始し、
 不評をかっていたころで、まだ南米の選手が、
 今ほどヨーロッパに渡っていない時代だった。

 

 

 時代は変わり、サッカー競技そのものの商業化も進み、
 それまで、本大会がわずか8カ国で行われていた欧州選手権も、
 1996年には16カ国、そして今度の2016年大会からは、24カ国に増加する。

 

 

 その恩恵もあって、

 

 

 

 ・アイスランド
 ・ウェールズ
 ・スロバキア
 ・北アイルランド
 ・アルバニア

 

 

 

 と、初出場が5カ国、予選通過での出場が初のオーストリア、
 11大会ぶり出場のハンガリーと、フレッシュな出場が目立っている。

 

 

 優勝候補の筆頭は、ブラジルワールドカップを制したドイツ。

 

 

 GKノイアー、DFギンター、フンメルスなど、
 若手とベテランの、融合したチームは、勝負強さも兼ね備えている。

 

 

 不安があるとすれば、FWの層の薄さだろうが、
 若きゴールゲッターが誕生しようものなら、死角は見当たらない。

 

 

 史上初の、大会3連覇を目指すスペインだが、
 中盤を支えたシャビが代表からフェードアウトし、
 イニエスタなども下降線で、世代交代の波が押し寄せていることは確か。

 

 

 一時の低迷を脱しつつある、開催国フランス。

 

 

 アザールやフェライニなど、歴代最高のタレントを擁するベルギー、
 イタリアやイングランドの復権にも、注目が集まる。

 

 

 6月10日の開幕が今から待ち遠しい。

 

 

 

 

 

 

『ユーロ2016、オッズ特集!』へ