ユーロ2016、ブックメーカーオッズ特集! 〜wowow、試合日程、展望〜

欧州選手権歴史|オレンジ軍団が躍進した、1988年大会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1974・1978年ワールドカップ、連続準優勝を遂げ、
 強豪の仲間入りを果たした、オランダだったが、
 80年代初頭から中盤にかけて、代表チームは低迷していた。

 

 

 

 しかし、1988年西ドイツ大会では、
 フリット、ファンバステン、ライカールトの、「ACミラントリオ」 に加え、

 

 

 

 後に、日本のジュビロ磐田でもプレーした、ファネンブルグ、
 強烈なフリーキックで観衆を沸かせた、クーマンなど、
 数多くのタレントを揃え、旋風を巻き起こした。

 

 

 

 初戦こそ、ソ連に敗北したものの、続くイングランド戦では、
 ファンバステンがハットトリックと爆発し、3-1で快勝すると、
 難敵アイルランドを1-0で下し、準決勝に進出。

 

 

 

 準決勝では、開催国の宿敵、西ドイツに先制されながら、
 クーマンのPK、終了間際のファンバステンのゴールで、2-1と逆転勝ち。

 

 

 

 勝負弱いと言われていたオランダが、粘り強さの権化である、
 西ドイツに逆転勝ちしたことは、世界に衝撃を与えた。

 

 

 

 そして迎えたソ連との決勝戦。
 今日まで語り継がれる、伝説のゴールが生まれる。

 

 

 

 前半、フリットの強烈なヘディングシュートで先制した後、
 後半9分に、ファンバステンの芸術的なボレーシュートが決まった。
 試合はそのまま、2-0でオランダの勝利。

 

 

 

 現在に至るまで、オランダが獲得した、唯一のタイトルとなっている。

 

 

 

 伝統的に、オランダは前評判こそ、常に高いものの、チームとして、
 まとまりが弱く、人種問題などもあり、内部崩壊していくことが多かった。

 

 

 

 しかし、この時はスリナムの血を引くフリットが、抜群の、
 キャプテンシーを発揮し、チームをまとめたことが優勝に繋がった。

 

 

 

 しかし、それも長くは続かず、優勝候補だった、
 1990イタリアワールドカップでは、期待外れに終わり、その後も、
 浮き沈みを繰り返し、今回の2016年大会は、遂に予選落ちとなった。

 

 

 

 オランダの捲土重来を、期待したい。

 

 

 

 

 

 

『ユーロ2016、オッズ特集!』へ